ピルの副作用でイライラ・・・慣れるまで我慢?

ピルでよくある副作用でイライラするといった不快な気持ちに見舞われてしまう場合がよくあります。
ただこのような症状が発生してもピルを飲み続けていると症状は消えていく場合が多いようです。
結果的に副作用の症状は消えてしまうようですが、そもそもどうして副作用は発生するのでしょうか。
それは体内のホルモンに関係しているからです。通常、人が快適に過ごせるのはホルモンのバランスが取れているからです。
しかし、ピルを服用するとこのホルモンのバランスが変化してしまいます。なぜホルモンバランスが変わってしまうのかと言いますと、ピルを服用し始めると一定のホルモン水準が作られます。それによってこれまでのホルモンバランスが変化します。
バランスが変化すると、体は新しいホルモン環境に慣れていく必要があるのですが、慣れていく過程でイライラするといった不快な気持ちになってしまうことがあるのです。
また場合によっては吐き気を催すこともあります。しかし心配することはありません。このような副作用はごく一時的なものなのです。
もちろんホルモンバランスというのは個人差があるのでいつ副作用から解放されるのかはっきりしたことは言えません。
ピルによって作られるホルモン水準をどのように体で受け止めることができるのかというのは個人差が生じます。
受け止める際に自然なホルモン環境と感じる人もいれば、違和感を感じる人もいます。
ただ個人的な時間差はあってもとにかく新しいホルモン環境に慣れてしまいさえすれば副作用の症状は発生しなくなります。
もししばらく服用しても副作用が無くならない場合は専門医に相談してどのように対応すればよいかを相談してみると良いでしょう。

トップページへ